人気資格ランキング

☆第1位☆ 医療事務

☆第2位☆ 行政書士

☆第3位☆ FPファイナンシャルプランナー

☆第4位☆ 中小企業診断士

☆第5位☆ 社会福祉士

☆第6位☆ 社会保険労務士

☆第7位☆ 司法書士

☆第8位☆ ホームヘルパー

☆第9位☆ 公認会計士

☆第10位☆ 社会福祉士 

はじめに

あなたはいまどんな仕事をしていますか?あるいはどんな仕事をしてみたいと思っていますか?


現状にどこか不満があったり、また何か違うことをしてみたいと思いつつも、何からはじめればいいかわからない。それならばまずは資格取得、あるいは何かを目指して勉強を始めてみませんか?


「資格を取得したら道が開ける」なんてことはありません。
あくまで資格というのは仕事をする上での目安で、自分のいまの能力を知る上での手段です。
世の中の風潮にまどわされて、ただスクールに通うだけでは意味がありません。


まずは自分自身のこと、自分のやりたいことをしっかり見つめなおしてみてください。そして目的が決まったら、夢のために動き始めましょう。


このサイトでは、スキルアップのための各種資格を紹介します。

資格、スキルって何?

「資格を取ってみたい」と思ったあなたは、どんな目的を持っていますか?


働く女性の約3割は仕事に不満を持っていて、チャンスがあれば別のジャンルに転職したいと考えているようです。「資格を取得してスキルアップしたい」を考える女性が多いのは不思議ではありません。実際に、資格取得者、あるいは資格取得を目指す女性は、年々増え続けています。


スキルアップとは自分の能力を向上させ、専門性を高めていくことです。つまり、資格取得もスキルアップのひとつであることがわかりますよね。


ひと口に「資格」といっても、多種多様なものがあります。


・その資格がなくては仕事にならないもの
・昇進や昇給に必要なもの
・就職や転職を少しでも有利に進めるもの
 など



また、国家資格・公的資格・民間資格に分けられます。

資格のメリット

どんな資格でも取得するためには、それなりのエネルギー、時間、また場合によってはそれなりの費用を費やさなければなりません。それでもがんばるだけのメリットには、どんなものが考えられるでしょうか。 資格取得のメリットには以下のようなものがあります。 1.就職・転職に有利 履歴書に書いて、自分をアピールする武器になります。人とは違ったプラスαを。 2.昇給・昇格に有利 企業によっては、資格取得者に特別手当を出したり、スクールなどの費用を負担してくれたりします。また、資格取得がきっかけで昇格や希望部署に配属されるケースもあります。 3.趣味を仕事に 資格があれば趣味を仕事にする際も有利です。好きなことを仕事にできるかもしれません。 4.顧客の信頼度をアップ 資格という目に見える目安があれば、顧客の信頼度が高まります。 5.自分にとってプラス どんな資格でも、取得のためには勉強が必要です。たとえ資格取得にいたらなくても、受験勉強のプロセスを通して得られる知識や技術は、自分のプラスになります。 >

資格の種類

資格は認定する団体によって、「国家資格」・「公的資格」・「民間資格」に分けられています。


1.国家資格
 主に国や地方自治体が主催者になっていて、与えられる資格は法に基づいたものであり、独占的な業務を行えるものばかりです。一般的に資格としての価値が高く、社会的にも信用があります。
⇒弁護士、公認会計士、医師、税理士、公務員など


2.公的資格
 財団法人や社会法人が取り扱う資格のことで、官庁や大臣によって認定されていました。しかし、行政改革や規制緩和に沿って廃止が決まっています。その結果公的資格は民間資格へ移行してきています。
⇒文部科学省認定:秘書技能検定、速記技能検定など
 都道府県認定:ケアマネージャーなど



3.民間資格
 一般の企業や団体などが独自に実施し、認定する資格。法に裏づけされたものではないので、社会的な認知度も高く役立つ資格も多い一方、その企業や団体の営利目的の名前だけの「紙切れライセンス」と呼ばれるものも少なくありません。国家資格や公的資格とまぎらわしい名称のものもあるので、事前にしっかりとリサーチすることが必要です。
⇒TOEIC、TOEFL、証券アナリスト、シューフィッター、トリマーなど


 いずれにしても、自分に本当に必要かどうか、役に立つものであるかどうかを見極めた上で選ばないと、単なる「資格コレクター」になりかねません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。